本文へスキップ
慶應義塾大学文学部 史学系 日本史学専攻
Department of Japanese History, Faculty of Letters, Keio University

研究会(ゼミ)・卒業論文

 日本史学専攻では研究会(ゼミ)の履修と卒業論文の執筆を卒業要件としています。ゼミは古代史(2)・中世史(1)・近世史(2)・近世-近代史(1)・近現代史(1)の計7つを設置し,卒業論文の完成を目標に多様な活動を展開しています。講義時間内の輪読,史料講読,データ分析実習,研究報告のほかに,長期休業期間のゼミ合宿,歴史遺産の巡見,他大学との学術交流などを実施しています。各研究会の詳細は以下の研究会一覧より選択し,ご覧下さい。
古代史  中世史 
十川 陽一 研究会
日本古代史
中島 圭一 研究会
日本中世史
 藤本 誠 研究会
日本古代史
近世史  近代史 
浅見 雅一 研究会
日本近世史
井奥 成彦 研究会
日本近世史 / 日本近代史
 上野 大輔 研究会
日本近世史
 前田 廉孝 研究会
日本近現代史 / 日本植民地史
 

古代史

十川 陽一 研究会
十川 陽一 准教授 教員・研究紹介
テーマ 日本古代史(法制史・政治史・地域史etc.)
ゼミ紹介  十川ゼミでは,個々人の興味を第一にし,それぞれの研究と研究発表を中心にゼミ活動を行っています。3年次春学期には,古代史料についての講義,史料・論文の講読,また,共通テーマ(ゼミ合宿でフィールドワークを行う地域について、など)の調査・研究によって,古代史研究の基礎に触れてもらいます。3年次秋学期から,少しずつ各自で自由にテーマを設定して研究を進めてゆきます。上級生や後輩の発表についての討論に参加することで,幅広い視野を獲得しながら卒業論文の完成を目指します。なお,毎年の活動内容については,ゼミ生の希望も踏まえて決定しています。遠方での合宿の他,近郊の遺跡や博物館の見学も行い,立体的に歴史を考える力を磨いてほしいと思います。古代史は史料が少ないとよく言われますが,その分,多様な分野に目配りのできる時代ともいえます。さまざまな関心を持った方を歓迎しています。
活動頻度 本ゼミ:週1コマ(対面) / サブゼミ:希望次第
人数 4年生:5人 / 3年生:6人 
活動内容 【春学期】
 共通テーマの調査・研究,史料・論文講読など(3年)
 卒業論文研究報告(4年)
【夏合宿】
 毎年地域を設定して,遺跡や博物館の巡見を行う。
【秋学期】
 卒業論文研究報告(3・4年)
【その他】
 近郊の遺跡・博物館の見学など。
 ゼミ生の皆さんと相談しながら決めてゆきます。
*授業風景

*夜の平城宮(奈良県)

*志波城(岩手県)
参考文献  ゼミ開講までに,『日本の歴史』(講談社),『シリーズ日本古代史』(岩波新書)といった概説書シリーズをはじめ,以下のような新書にも目を通しておくことをお勧めします(入ゼミ決定者には,概説書や基本資料についてのガイドを配布します)。
●市大樹『飛鳥の木簡』(中公新書)
●大津透『律令国家と隋唐文明』(岩波新書)
●近江俊秀『古代道路の謎』(祥伝社)
●河上麻由子『古代日中関係史』(中公新書)
●十川陽一『人事の古代史 律令官人制からみた古代日本』(ちくま新書)
●美川圭『院政』(中公新書)
  • 卒業論文

 参考として2021年度4年生の研究テーマを示します。
古代水軍の意義とその特徴
安倍晴明と平安貴族
鎮狄将軍の任命理由と特徴
日本古代の地震
古代の衣服制の変遷とその考察

ナビゲーション

バナースペース

連絡先

慶應義塾大学文学部
       史学系日本史学専攻
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45

Mail:
「教員・研究紹介」より
  各教員の「研究者情報DB」参照
FAX:
+81-3-5427-1578


※)4月・10月に定期更新します。
最終更新日: 2021年11月11日