Member メンバー

教員

梅田 聡 (教授)> 略歴・研究助成・所属学会
情動・記憶・社会性・未来思考性・自己認識などを主なテーマとして、それらの認知神経メカニズムを探る研究をしています。認知心理学の基礎的な実験方法に加え、高次脳機能障害を対象とする神経心理学的方法、MRIや脳波を用いる脳機能画像法、自律神経機能を調べる心理生理学的方法を用いています。

研究紹介サイト   慶應義塾大学文学部 研究最前線レポート
Keio Research Highlights  NEW

PD研究員

伊藤友一 (日本学術振興会 特別研究員 SPD)
人間は、自分の身に将来起こり得る事象を今まさに経験しているかのように詳細に思い描くことが出来ます。そのような能力によって、人間は将来に備えることが可能になり、より人間らしい営みが実現されていると思われます。私は、そのような人間の認知能力がどのようなメカニズムによって実現されているのかについて、行動実験、及び計算機モデリングを用いて研究しています。
柴田みどり
コミュニケーション場面で多く用いられるユーモア、比喩、アイロニー、間接発話といった発話理解の神経メカニズムをfMRIや脳波などを用いて調べています。またどのようなメカニズムで発話理解が情動反応を引き起こすのかについても興味を持っています。

大学院生

辻 幸樹 (博士課程2年)
商品などに対する選好がどのように形成・持続・変化するのかについて興味を持っています。実験心理学的手法と脳波計測などの神経生理学的手法を用いることで、人間が感じる好ましさや選好の客観的な測定と評価を試みるとともに、研究成果の応用可能性を探っています。
田仲祐登 (博士課程1年)
私は主に、身体、生理反応と、人間の情動や行動がそれぞれにどう影響を与えているのか、またそのメカニズムがどうなっているかということに興味があります。特に内受容感覚がどのように生成されるのか、またその過程において環境、あるいは外からの刺激が与える影響について興味があります。
高木彩夏 (修士課程2年)
感情と身体、そして認知の3者がどのように関係しあっているのか、特に激しい怒りや悲しみといった強い感情が、身体にどのような影響を与えるのか、あるいは我々はそれにどのように対処しているのかということに興味があります。現在は激しい感情の変化によって生じる涙=感情的な涙について、どのように生じるのか、そのときの生理的な変化及び感情状態を研究しています。
矢島由理恵 (修士課程2年)
ある行動を自分が起こしたという感覚(自己主体感)について興味を持っています。中でも複数の人が同時に作業する場における自己主体感に興味があり,統合失調症のような精神疾患と絡めて研究を進めています。

学部生

  • 麻生花乃 (4年)
  • 影浦奈津子 (4年)
  • 児島 遥 (4年)
  • 芳川悠希 (4年)
  • 猪石有希 (3年)
  • 岩下彰秀 (3年)
  • 金子遙菜 (3年)
  • 喜舍塲理裟 (3年)
  • 長野加奈子 (3年)
  • 日野綾乃 (3年)

  • 過去の卒業生

ラボ出身研究者

増井啓太 (追手門学院大学心理学部)
大隅尚広 (国立精神・神経医療研究センター)
前原由喜夫 (長崎大学教育学部)
福島宏器 (関西大学社会学部)
寺澤悠理 (慶應義塾大学文学部)