pic_data/2019graduation.mov
本文へスキップ

絡み合いの歴史研究 TORU's Colloqium

慶應義塾大学文学部山口ゼミの指導方針

卒業論文に向けた実践的な研究指導を軸に据えてます。これまでの卒論タイトルから分かるように、受講生にとって文化研究にかかわる多様なテーマの設定が可能です。ただし,議論のための共通基盤として,フィールドワーク(現実世界の観察と対話),物質文化研究(観察票作成・データベース化),通時的分析を意識しながら、「絡み合い(entanglement)/めぐり合わせ(conjuncture)」の歴史学・歴史人類学を目指してほしいと思ってます。4年生の研究発表に際しては,自らが撮影したフィールド写真や資料画像、地図・グラフを用いたプレゼンテーションが求められます。3年生の受講生には、自らの研究トピックを発見してもらうために、オンラインジャーナル等の中からクオリティーの高い論文(邦文・英文)を探索し、自らがその執筆者になったつもりでプレゼンテーションしてもらいます。


山口徹研究会<博士論文・修士論文>

提出年度  氏名 タイトル 
 2015 博士  下田健太郎  水俣病経験の想起をめぐる歴史人類学―響き合うモノと語りの通時的分析を通して ⇒審査報告
 2009 修士  小林竜太  サンゴ礁発達の地域差からみた石垣島の遺跡立地
 2009 修士  下田健太郎  水俣湾埋立地の景観史ー語られる歴史と物質文化研究の接合を通してー
 2009 修士  ズエバ・ノソバイリーナ 石垣島名蔵地区の完新世環境史と人間居住史の関係解明ー地球科学分析と自然遺物分析を通してー
 2013 修士  佐山のの  メキシコ「悪魔」仮面の形態的多様性にみる多配列的関係 : ゲレロ州で収集されたコレクション資料を中心として  
  2013 修士  島崎達也  水資源からみた隆起サンゴ礁島の先史遺跡分布―グアム島北部におけるラッテ期の事例から−
 2016 修士  臺浩亮  モノに読み解く「生きられた」植民地的状況の歴史人類学的研究−博物館に所蔵されるニューアイルランドのマランガン彫像を対象に−
 2019 修士  太刀川彩子  下末吉台地東端部日吉地区における歴史生態学的研究ー縄文時代前期以降の堆積環境・植生変遷を中心にー
     

山口徹研究会<卒業論文>

2019年度

 タイトル  分野  フィールド
サンティアゴ巡礼路が生み出す多様な主体の繋がり(岩本夏実) 歴史人類学/景観史 スペイン
ハワイアンキルトの観光資源化 文化資源・文化復興 ポリネシア
オセアニアのカヌーの素材と島々の植生 物質文化研究 オセアニア
県外移住者の暮らしに沖縄「らしさ」は表出するかー横浜市鶴見区を事例としてー 物質文化研究/文化創出/歴史人類学 日本
西アフリカ音楽の日本における実践 文化資源/文化創出/移民研究 東京
横浜中華義荘の役割変遷ー華僑が帰郷を待つ地から家族が根付く墓地へー 物質文化研究/移民研究 横浜

2018年度

 タイトル  分野  フィールド
南太平洋港湾都市の表象―フィジー旧首都レブカを事例として― 歴史人類学 オセアニア
復興運動の中の打瀬船?瀬戸内伝統航海協会による打瀬船復興運動はどのようにはじまったのか? 文化資源・文化復興 瀬戸内海
カンボジア、人々の暮らしに根付く仏教信仰−農村部、都市部それぞれの仏教実践の在り方とその特徴 歴史人類学・文化復興 文化復興
博物館における他者理解と自己理解:国立民族学博物館と国立歴史民俗博物館を比較して 博物館人類学 日本
八丈島の土地利用においてロベ産業が人々の暮らしへもたらした変化 景観史 八丈島

2017年度

 タイトル  分野  フィールド
堆積・植生変遷からみる自然環境と人間活動の関係史−下末吉台地東端部日吉地区のボーリング調査・分析を中心に ジオ・アーケオロジー 横浜(日吉)
名古屋西区における「屋根神」の変遷−祀られる屋根神と消滅した屋根神−(中島舞) 都市人類学/祭礼研究/物質文化 名古屋市
日本におけるエスニックフードブーム−ナンプラーに見る異文化受容− 歴史人類学/表象研究 東京
江戸鼈甲の変容と継承−「伝統構築」の背景− 歴史人類学/伝統構築/物質文化 東京
ソーシャルキャピタルの構築における山車の役割に関する考察−愛知県半田市の山車を事例に− 都市人類学/祭礼研究/伝統構築 愛知県(半田市)
縁結びから見る神社を取り巻く環境の変化−東京大神宮を事例に− 歴史人類学/表象研究 東京
都市のみどりが街並みに与える影響−港区5地区の街路樹を対象として− 景観史/都市計画 東京(港区)
台湾先住民運動による「伝統」の再評価と観光資源化−台湾タイヤル族の衣服を事例に−(大山実春) 歴史人類学/物質文化 台湾
型押小椀からみた江戸時代における紅化粧の普及について(安藤ゼミ・岩浪雛子) 江戸考古学/物質文化 東京

2016年度

 タイトル  分野  フィールド
フラの「伝統」と「革新」―ハワイ文化復興運動を背景に― 歴史人類学/文化資源 ポリネシア
イースター島における「歴史」の観光資源化 歴史人類学/文化資源 ポリネシア
変遷する都市祭礼における「伝統」の考察―大阪府堺市百舌鳥八幡宮月見祭を事例に― 都市人類学/祭礼研究 大阪
「離散」黒人から始まる音楽文化―スカ、ロックステディ、レゲエの歌詞分析を通して― 歴史人類学/表象研究  ジャマイカ

2015年度

 タイトル  分野  フィールド
慶應義塾大学所蔵ダガー(短剣)の歴史的位置づけ―アドミラルティ諸島から収集された資料について― 歴史人類学/物質文化 メラネシア
写真花嫁がハワイにもたらしたもの―戦前の日系移民統計資料に「アロハ」の創出を読み解く―  歴史人類学  ポリネシア
贈られるモノのチカラ―1960〜80年代のバレンタイン・プレゼントを事例に― 歴史社会学/表象研究 日本
文化資源としての「昭和」―展示される昭和三〇年代のくらし― 文化資源学  東京
明治の合祀政策を生き抜いた神社―埼玉県における中山道周辺の氷川神社を事例に― 近代史/景観史 埼玉・東京
江戸期以降の北前船「船絵馬」と近現代の「船写真額」にみる継承と変化―瀬戸内海と日本海側の寺社に奉納された事例を中心に―  近世近代史/物質文化研究 瀬戸内海・日本海
瀬戸内海地域航路の変遷―戦後の尾道市周辺島嶼部を対象に― 近代史/景観史 瀬戸内海島嶼
世田谷区庚申塔の現状と問題―昭和五九年調査報告をたどる―  近代史/景観史 東京

2014年度

 タイトル  分野  フィールド
ニューアイルランド島・マランガン像に見る交渉の物質文化研究ー博物館・美術館収蔵資料を中心にしてー 歴史人類学/物質文化 メラネシア
見るものから聴くものへ―ディジュリドゥに見る文化の資源化について―  歴史人類学/物質文化研究  オーストラリア
日本委任統治期のパラオ・バベルダオブ島における日本人村−時空間の中に読む景観の変化− 景観史/歴史人類学 ミクロネシア
History of Los Angeles and Palm Trees Representation in Verticality and Horizontality 景観史  米国
博物館ジオラマ・復元図のジェンダー表現に見る製作現場のせめぎ合い―神奈川県と東京都の資料を中心に― 博物館人類学/表象研究 東京・神奈川

2013年度

 タイトル  分野  フィールド
八重山諸島のパナリ焼土器片にみるバリエーションのあり方−混和剤と胎土の分析を通して− 考古学 八重山諸島
大微粒炭の増減から検討する火事の歴史と景観変化における人為的要因−石垣島名蔵地区浦田原谷戸内のボーリング調査資料を対象として− ジオ・アーケオロジー  八重山諸島
“桜の名所”の形成史−王子「飛鳥山公園」の表象と利用にみるズレを通して− 景観史・歴史人類学 東京
阪神淡路大震災からの復興過程にみる記憶とモノの関わり−新しい地蔵と古い地蔵− 歴史人類学/物質文化  神戸

2012年度

 タイトル  分野  フィールド
メラネシアにおけるカプカプの地域差 歴史人類学/物質文化  メラネシア
”沈む国”表象の形成 ―日本メディアにおけるツバル表象とツバル人の語りとの比較から― 表象研究  ポリネシア
市民団体による「まちをつくる」歴史実践の変遷考察 ―景観を活かした栃木市「蔵の街」の取組みを事例として― 歴史人類学/文化資源 栃木
現在吉原像の形成−文化としての「道中」の参照− 歴史人類学/文化資源  東京
博物館所蔵のワヤン・クリ人形から見るその形質の異同と時期的特徴の考察 歴史人類学/物質文化 インドネシア
石造物の分布から見る高尾山の意味付けの変遷 歴史人類学/景観史  東京
都市開発による全面的造成とモノの移動 ―多摩ニュータウン・八王子市南大沢の景観の変遷を事例に― 歴史人類学/景観史 東京
ジオパーク推進の歴史的経緯とその運営の多様なあり方 文化資源  日本
近代イギリス風景画からみる人々の求めた景観 歴史人類学/表象研究 イギリス

2011年度

 タイトル  分野  フィールド
旧独領ニューギニアにおける民具収集の現場―慶應義塾大学所蔵小嶺コレクションの分析に向けて― 歴史人類学/博物館人類学 メラネシア
メキシコの仮面における「悪魔」の表現の多様性についての検討 歴史人類学・物質文化  メキシコ
完新世以降における浜名湖周辺地域の環境変遷と人間活動の関係史−律令期を中心にして− 環境史/ジオ・アーケオロジー 静岡
銀座と街路樹の変遷史 歴史人類学/景観史  東京
横浜案内図に描かれた19世紀後半の横浜 歴史人類学/表象研究 横浜
琵琶湖周辺の城郭―分布と立地― 歴史地理学  滋賀

2010年度

 タイトル  分野  フィールド
明治期から大正期における「冒険者」の活躍の歴史から見る日本の南洋群島進出の研究 歴史人類学/近代史 ミクロネシア
「失われた大陸」言説の変遷〜疑似科学的言説の系譜関係を中心に〜 歴史人類学/表象研究  オセアニア
ラベルデザインに見る泡盛産業の背景 近代史/表象研究 沖縄
鯰絵は復興生活を反映するか 近世災害史/歴史人類学  江戸
マッチラベルに見る喫茶店形態の変遷―昭和初期・1950〜80年代東京を対象として― 近代史/表象研究 東京

2009年度

 タイトル  分野  フィールド
マジュロ環礁における地形発達と初期人間居住の関係 ジオ・アーケオロジー ミクロネシア
鳥取砂丘と人間の関係史 近代史/景観史  鳥取
「剣術」の「道」化〜教員・流派・形の観点から〜 近代史 日本
描かれる近江八景 景観史/表象研究  琵琶湖

2008年度

 タイトル  分野  フィールド
世間話にみる江戸の場所イメージ―18世紀末〜19世紀初頭に集成された『耳嚢』を事例にして―(伊勢野まどか) 近世史/表象研究 江戸

2007年度

 タイトル  分野  フィールド
オセアニア地床炉に関する民族誌と考古学的情報の集成―「高い島」と「低い島」の比較のために― 考古学 ミクロネシア
「葛生原人」から「葛生の原人」へ―絡み合う慣習と非慣習の歴史的諸相―(手塚宏樹) 文化人類学/祭礼研究  埼玉
変わりゆく祭礼の歴史研究―三重県桑名市の石取祭を事例にして― 文化人類学/祭礼研究 三重県
明治期書物の近代化―出版社をケーススタディとして 近代史/表象研究  東京

2006年度

 タイトル  分野  フィールド
マーシャル諸島マジュロ環礁のピット耕地をめぐる「荒廃」の歴史(甲斐祐介) 歴史生態学/人文地理学 ミクロネシア
「アグー」の創出と利用―「琉球在来豚」形成の歴史人類学的考察―(大川優香) 歴史人類学/文化資源  沖縄
江戸時代の酒燗器「ちろり」の具体的実像と使用風景の研究 近世考古学/物質文化 江戸
Chiribaya集団によるラクダ科家畜飼養―Tiwanaku集団との関わりから― 環境史/人文地理学  チリ
三田キャンパス移転後の建物の変遷 近代史/景観史  東京
漁村から見た内房総中部沿岸地域の変遷 近代史/景観史 千葉
生活史から見た里山における竹林管理の評価―小机城址市民の森を事例に― 景観史  神奈川

2005年度

 タイトル  分野  フィールド
祭祀にみる祭祀植物の意味―沖縄県久高島の事例を通して―(岩城玲央奈) 文化人類学/祭礼研究 沖縄
ゴーヤチャンプルーから考察する沖縄食文化の変遷と異文化交流 歴史人類学/食文化  沖縄
創出される都市祭礼―小山両社祭にみる慣習と非慣習の絡み合い―(秋田麻衣) 歴史人類学/祭礼研究  東京
中央アフリカ・マラウイに見られる生活空間の性差―チェンベ村の事例から―(新井ルミ子) 文化人類学/ジェンダー研究 アフリカ
妙見宮大祭神幸行列の変化に見る八代の歴史 歴史人類学/祭礼研究  熊本
大國魂神社例大祭暗闇祭の変遷―神輿・太鼓講中から読み解く暗闇祭の歴史―(大貫路子) 文化人類学/祭礼研究  東京

2004年度

 タイトル  分野  フィールド
ノニをめぐる南太平洋の伝統と近代 歴史人類学/文化資源 ポリネシア
中央アンデス地域南部における高度差利用の多様性―プレインカ期の遺跡解釈にむけて― 環境考古学  アンデス
明治から昭和にかけての「婦人画報」における化粧品広告の変遷について 近代史/表象研究  東京
武蔵野市の都市化と市民運動 歴史社会学 東京


山口徹研究会

〒181-8345
東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学文学部
民族学考古学研究室