岸田和明
Kazuaki KISHIDA

慶應義塾大学 文学部 図書館・情報学専攻 教授


博士(図書館・情報学)


〒108-8345 東京都港区三田2-15-45


研究分野 情報検索、文書クラスタリング、計量情報学

主著 「情報検索の理論と技術」(勁草書房,1998),「図書館情報学のための統計的方法」(樹村房,2015)


授業のテキスト

「図書館・情報学研究調査入門」(3年生)「情報メディアの構造と分析」(4年生):春・火・2限

※テキスト『図書館情報学における研究調査法ver1.0』をダウンロードして、教室に持参してください(ノートPCまたはモバイルPCで)。印刷して持参する場合には、とりあえずは第1章~第4章までで十分です。


出版物

1)図書

2)査読付き論文
3)査読なし論文(会議資料含む)
4)その他(解説記事・報告書など)

Javaソースコード

1)多分割型のトップダウン階層的クラスタリング(Hierarchical Multi-way Divisive Clustering: HMDC) のJavaソースコードを公開しています(ここをクリック)。

2)外的基準を用いたクラスタリング評価のための指標を計算するJavaのソースコードを 公開しています(ここをクリック)。

3)Hartigan-Wongの方法に基づいたSpherical K-meansクラスタリングを実行するJavaのソースコードを 公開しています(ここをクリック)。

4)文書集合のクラスタリング用のLeader-followerアルゴリズムを実行するJavaのソースコードを 公開しています(ここをクリック)。

5)上記のクラスタリングモジュールの入力ファイル(文書ベクトルの集合)を生成するためのJavaソースコードを 公開しています(ここをクリック)。

経歴

1983年 慶應義塾大学文学部入学
1991年 慶應義塾大学大学院文学研究科図書館・情報学専攻博士課程中退
1991年 図書館情報大学図書館情報学部・助手(文部教官)
1994年 駿河台大学文化情報学部・助教授
2002年 駿河台大学文化情報学部・教授
2006年 慶應義塾大学文学部・教授(現在に至る)
*2001~2004年 国立情報学研究所・客員助教授
*2004~2008年 国立情報学研究所・客員教授
*2004~2010年 放送大学・客員教授


学会活動等

[現在]
三田図書館・情報学会 編集委員長(Library and Information Science誌)・事務局 

[過去の記録]
「情報処理学会論文誌 データベース(TOD)」共同編集委員長(FI, IFAT)(2009.4~2011.3)
情報処理学会 情報学基礎研究会(FI) 主査(2007.4~2009.3)
情報メディア学会 編集委員長(2006.6~2009.6)
日本図書館情報学会 研究委員長(2008.4~2011.3)
日本図書館情報学会 文献目録委員長(2005.4~2008.3)
ACM SIGIR Program Committee member 2006~2010
Program Co-Chair of NTCIR-11 and NTCIR-12 (2013.1~2016.6): NTCIR-12ホーム

慶應義塾大学図書館・情報学専攻ホーム

   All right reserved - Kazuaki Kishida