本文へスキップ
慶應義塾大学文学部 史学系 日本史学専攻
Department of Japanese History, Faculty of Letters, Keio University

研究会(ゼミ)・卒業論文

 日本史学専攻では研究会(ゼミ)の履修と卒業論文の執筆を卒業要件としています。ゼミは古代史(2)・中世史(1)・近世史(2)・近世-近代史(1)・近現代史(1)の計7つを設置し,卒業論文の完成を目標に多様な活動を展開しています。講義時間内の輪読,史料講読,データ分析実習,研究報告のほかに,長期休業期間のゼミ合宿,歴史遺産の巡見,他大学との学術交流などを実施しています。各研究会の詳細は以下の研究会一覧より選択し,ご覧下さい。
古代史  中世史 
十川 陽一 研究会
日本古代史
中島 圭一 研究会
日本中世史
 藤本 誠 研究会
日本古代史
近世史  近代史 
浅見 雅一 研究会
日本近世史
井奥 成彦 研究会
日本近世史 / 日本近代史
 上野 大輔 研究会
日本近世史
 前田 廉孝 研究会
日本近現代史 / 日本植民地史
 

近世史

上野 大輔 研究会
上野 大輔 准教授 教員・研究紹介
テーマ 日本近世史
ゼミ紹介  日本近世史(安土桃山時代~江戸時代)に関する論文を読んで議論することを重視します。皆さんには,最新の『岩波講座日本歴史』などの中から論文を選んで,報告して頂きます。この論文講読を通じて,卒業論文の課題を見出すことが望まれます。卒業論文の課題は,日本近世史に関するものでしたら自由に決めることができますが,史料の読解や先行研究の検討を踏まえて,自分なりの考察を展開することが求められます。3年生の卒業論文構想報告とレポート提出,4年生の卒業論文中間報告などの段階を経て,じっくりと卒業論文をまとめて頂きます。また,合宿や巡見(博物館・史跡などの見学)も実施することで,日本近世史について幅広く考え,議論する場を提供できればと思っております。
活動頻度 本ゼミ:週1コマ(対面)
人数 4年生:0人 / 3年生:9人 
活動内容 【本ゼミ】
 論文講読,卒業論文構想報告,卒業論文中間報告,その他
*『四箇寺用留記写』上野所蔵
【合宿】
 9月頃,近県で2泊3日,研究報告会と巡見を実施
【巡見】
 3月頃,都内か近県で日帰り
*甲府城跡,2017年9月合宿
テキスト ①藤井讓治ほか編『岩波講座日本歴史』第10巻・近世1~第14巻・近世5,岩波書店,2014~2015
②歴史学研究会・日本史研究会編『日本史講座』第5巻・近世の形成~第7巻・近世の解体,東京大学出版会,2004~2005
③辻達也・朝尾直弘編『日本の近世』全18巻,中央公論社,1991~1994
④山口啓二『鎖国と開国』岩波書店,1993
⑤安丸良夫『日本の近代化と民衆思想』青木書店,1974
⑥高埜利彦編『近世史講義 ―女性の力を問いなおす―』ちくま新書,2020
  • 卒業論文

2020年度
近世の出版統制について ―故きを温ねて新しきを知る―
2019年度
河田正矩の周辺環境と思想の検討
大坂・堂島の米会所の形成とその発展について
織田政権と朝廷 ―信長と官位を巡る問題を中心に―
江戸期「教育」と現代「教育」
開港期の横浜における地理と開港場周辺村民の生活
大山御師の下総国における檀廻 ―檀家帳等の諸資料をもとにした村山坊と景弓家の比較―
私塾・蔵春園の研究
将軍家光の二人の「母」 ―江と春日局―
絵図から読み取る蝦夷・千島地域に対する江戸幕府の認識と政策の変化
幕末維新期における陽明学の受容 ―佐藤一斎・大塩中斎・春日潜庵を比較して― 

ナビゲーション

バナースペース

連絡先

慶應義塾大学文学部
       史学系日本史学専攻
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45

Mail:
「教員・研究紹介」より
  各教員の「研究者情報DB」参照
FAX:
+81-3-5427-1578


※)4月・10月に定期更新します。
最終更新日: 2021年11月11日