本文へスキップ
慶應義塾大学文学部 史学系 日本史学専攻
Department of Japanese History, Faculty of Letters, Keio University

研究会(ゼミ)・卒業論文

 日本史学専攻では研究会(ゼミ)の履修と卒業論文の執筆を卒業要件としています。ゼミは古代史(2)・中世史(1)・近世史(2)・近世-近代史(1)・近現代史(1)の計7つを設置し,卒業論文の完成を目標に多様な活動を展開しています。講義時間内の輪読,史料講読,データ分析実習,研究報告のほかに,長期休業期間のゼミ合宿,歴史遺産の巡見,他大学との学術交流などを実施しています。各研究会の詳細は以下の研究会一覧より選択し,ご覧下さい。
古代史  中世史 
十川 陽一 研究会
日本古代史
中島 圭一 研究会
日本中世史
 藤本 誠 研究会
日本古代史
近世史  近代史 
浅見 雅一 研究会
日本近世史
井奥 成彦 研究会
日本近世史 / 日本近代史
 上野 大輔 研究会
日本近世史
 前田 廉孝 研究会
日本近現代史 / 日本植民地史
 

中世史

中島 圭一 研究会
中島 圭一 教授 教員・研究紹介
テーマ 日本中世史
ゼミ紹介  院政期~織豊政権期の古記録や古文書の講読を通して研究方法を身につけ、博物館見学や史跡・遺跡の巡見を通じて知見を広げ、他の学生・院生の卒論・修論構想報告から様々な問題意識に触れながら、中世史の卒業論文作成を目指すゼミです。これまでに提出された卒業論文のテーマは政治・経済・社会・文化から古文書学や琉球史まで幅広く、各自の関心から自由に選ばれています。
活動頻度 【学期中】
 週1回のゼミのほか、博物館・史跡等の見学も適宜実施
【夏休み】
 ゼミ合宿(基本的に2泊3日、大学院と合同、原則として全員参加)
【春休み】
 ゼミ旅行(基本的に2泊3日、大学院と合同、自由参加)
人数 4年生:3人 / 3年生:1人 
活動内容 【春学期】
 中世の古記録や古文書群の講読(これまでに取り上げた書目はテキスト欄参照)
 中世史関係の博物館企画展や史跡・遺跡の見学
【夏期ゼミ合宿】
 卒業論文/修士論文構想報告(4年・修士2年)、史跡・遺跡巡見
(これまでの合宿先)
函館市・上ノ国町(志苔館跡・勝山館跡など)、青森市・五所川原市(浪岡城跡・十三湊遺跡など)、平泉町(中尊寺・毛越寺・柳之御所遺跡など)、横手市ほか(秋田城跡・払田柵跡・大鳥井山遺跡など)、羽黒町・遊佐町ほか(羽黒山・大楯遺跡など)、伊達市ほか(梁川城跡・阿津賀志山防塁など)、常陸太田市・真壁町ほか(正宗寺・真壁城跡など)、太田市ほか(上野国新田荘など)、小田原市(小田原城総構・石垣山城跡など)、箱根町(元箱根石仏群など)、胎内市ほか(越後国奥山荘など)、魚津市・射水市(松倉城跡・放生津など)、福井市(一乗谷など)、熱海市(伊豆山権現・石丁場跡など)、伊豆の国市(願成就院・北条氏邸跡・堀越御所跡・韮山城跡など)、磐田市・菊川市ほか(見付国府跡・一の谷中世墳墓群・元島遺跡・横地氏城館群など)、京都市、堺市(堺環濠都市遺跡)
【秋学期】
 卒業論文構想報告(4年・3年)
 春学期の史料講読の続き
 中世史関係の博物館企画展や史跡・遺跡の見学
【春期ゼミ旅行】
 史跡・遺跡巡見
(これまでの旅行先)
堺市・泉佐野市(堺環濠都市遺跡・和泉国日根野荘)、小野市・加古川市(播磨国大部荘・鶴林寺など)、益田市・大田市ほか(中須東原遺跡・石見銀山など)、福山市・尾道市ほか(草戸千軒町遺跡・鞆・浄土寺など)、藍住町・徳島市ほか(勝瑞館跡・一宮城跡・三木家住宅など)、今治市ほか(能島城跡・大山祇神社など)、福岡市・鳥栖市(中世博多・勝尾城跡など)、大分市・臼杵市・宇佐市ほか(豊後府内・臼杵城跡・宇佐神宮・国東半島など、長崎市ほか(中世長崎・出島・唐人屋敷・ホゲット遺跡など)、球磨・八代地方、薩摩半島(持躰松遺跡・坊津など)、沖縄本島(首里城跡・中世那覇・今帰仁城跡・斎場御嶽など)、石垣島・波照間島・竹富島(ミシュク村跡・ハナスク村跡など)
テキスト  これまでの講読書目:『明月記』『葉黄記』『祇園執行日記』『後愚昧記』『東寺廿一口供僧方評定引付』『満済准后日記』『看聞日記』『建内記』『御前落居記録』『経覚私要鈔』『伺事記録』『言継卿記』『中条町史』(越後国奥山荘関係史料)『小野市史』(播磨国大部荘関係史料)『相良家文書』など
  • 卒業論文

2020年度
鎌倉寺院の仏事から見る頼経と北条氏の権力関係について
軍事関係文書から考える鎌倉幕府滅亡
文献資料に現れる葬儀に関する儀礼 男性聖霊と女性聖霊の葬祭の比較検討 
『年中定例記』における故実と猿楽の武家奉公の実際 
戦国期における年紀法の形態について
「悪人」としての松永久秀 
2019年度
「聖徳太子」の名と称号
准母 ―役割変遷とその分岐点―


ナビゲーション

バナースペース

連絡先

慶應義塾大学文学部
       史学系日本史学専攻
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45

Mail:
「教員・研究紹介」より
  各教員の「研究者情報DB」参照
FAX:
+81-3-5427-1578


※)4月・10月に定期更新します。
最終更新日: 2021年11月11日