本文へスキップ
慶應義塾大学文学部 史学系 日本史学専攻
Department of Japanese History, Faculty of Letters, Keio University

研究会(ゼミ)・卒業論文

 日本史学専攻では研究会(ゼミ)の履修と卒業論文の執筆を卒業要件としています。ゼミは古代史(2)・中世史(1)・近世史(2)・近世-近代史(1)・近現代史(1)の計7つを設置し,卒業論文の完成を目標に多様な活動を展開しています。講義時間内の輪読,史料講読,データ分析実習,研究報告のほかに,長期休業期間のゼミ合宿,歴史遺産の巡見,他大学との学術交流などを実施しています。各研究会の詳細は以下の研究会一覧より選択し,ご覧下さい。
古代史  中世史 
十川 陽一 研究会
日本古代史
中島 圭一 研究会
日本中世史
 藤本 誠 研究会
日本古代史
近世史  近代史 
浅見 雅一 研究会
日本近世史
井奥 成彦 研究会
日本近世史 / 日本近代史
 上野 大輔 研究会
日本近世史
 前田 廉孝 研究会
日本近現代史 / 日本植民地史
 

近世-近代史

井奥 成彦 研究会
井奥 成彦 教授 教員・研究紹介
テーマ 日本近世-近代史
ゼミ紹介  教室での授業のほか、適時博物館や史料館、工場等への見学、春夏の合宿、三田祭での各自の研究発表(展示と論文集の作成)などを行っています。
活動頻度 本ゼミ:週2コマ(対面)
人数 4年生:8人 / 3年生:5人 
活動内容 【本ゼミ】
 研究史のサーベイ、4年生の卒業論文中間報告、3年生の自由研究発表
【見学会】
 毎年春学期の最初に博物館、史料館、工場などへの見学を行い、その他学期中に適時見学会を行っています。これまで見学したところとしては、渋沢史料館、日銀貨幣博物館、江戸東京博物館、物流博物館、アド・ミュージアム東京、歌舞伎座ギャラリーなどがあります。
【夏合宿】
 三田祭での研究発表へ向けての準備報告会を行います。
【三田祭】
 4年生は卒業論文の研究発表、3年生はテーマを決めての共同研究のかたちで、ポスター展示と論文集の作成を行います。自己の表現力を高め、特に4年生は卒論の完成へ向けて追い上げる良い機会になっています。

【OBOG会】
 年に1回(春か秋)、OBOG会を行い、現役・OBOGの交流と情報交換の場としています。
【春合宿】
 新年度の計画を練り、見学を行うことを主目的としています。


テキスト  年度により異なりますが、日本近世―近代史のテキスト的な本や、その時々の話題になっている本を採り上げています。
  • 卒業論文

2020年度
「メセナ」の源流を探る ―近代の企業家による文化・芸術支援の検討―
リーダーシップ論から見た松下幸之助と稲盛和夫
ヤミ市の再定義を試みる
戦前期製菓業の経営者を取り巻く人々 ―森永製菓・明治製菓を比較して―
全国清酒品評会の影響と役割 ―伏見酒造組合の活動を参考に―
宝塚歌劇の優位性 ―松竹歌劇と比較して―
戦後における少女雑誌 ―『少女クラブ』『少女の友』を中心に―
2019年度
昭和前期の朝鮮における内外地民間交流 ―婚姻・文化事業・教育を通して―
近世近代内戦の描かれ方 ―戊辰戦争・西南戦争を例として―
江戸時代におけるカクキュー八丁味噌の大豆仕入れの考察 ―上州、災害との関わりから―
昭和研究会の動向と知識人たちの対外思想変遷 ―政治学者を例に―
太平洋戦争下における娯楽政策と音楽 ―戦時体制下を生きた音楽家たち―
明治期から昭和期にかけての国語問題 ―言文一致と標準語―
缶コーヒー市場の変遷
日清戦後の教育勅語 ―文部大臣西園寺公望による教育勅語改訂計画を中心に―


ナビゲーション

バナースペース

連絡先

慶應義塾大学文学部
       史学系日本史学専攻
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45

Mail:
「教員・研究紹介」より
  各教員の「研究者情報DB」参照
FAX:
+81-3-5427-1578


※)4月・10月に定期更新します。
最終更新日: 2021年11月11日