本文へスキップ
慶應義塾大学文学部 史学系 日本史学専攻
Department of Japanese History, Faculty of Letters, Keio University

研究会(ゼミ)・卒業論文

 日本史学専攻では研究会(ゼミ)の履修と卒業論文の執筆を卒業要件としています。ゼミは古代史(2)・中世史(1)・近世史(2)・近世-近代史(1)・近現代史(1)の計7つを設置し,卒業論文の完成を目標に多様な活動を展開しています。講義時間内の輪読,史料講読,データ分析実習,研究報告のほかに,長期休業期間のゼミ合宿,歴史遺産の巡見,他大学との学術交流などを実施しています。各研究会の詳細は以下の研究会一覧より選択し,ご覧下さい。
古代史  中世史 
十川 陽一 研究会
日本古代史
中島 圭一 研究会
日本中世史
 藤本 誠 研究会
日本古代史
近世史  近代史 
浅見 雅一 研究会
日本近世史
井奥 成彦 研究会
日本近世史 / 日本近代史
 上野 大輔 研究会
日本近世史
 前田 廉孝 研究会
日本近現代史 / 日本植民地史
 

古代史

藤本 誠 研究会
藤本 誠 准教授 教員・研究紹介
テーマ 日本古代史・古代宗教史
ゼミ紹介  藤本ゼミでは、研究報告とディスカッションを中心とするゼミ活動を通じて、卒業論文の完成を目指すとともに、現代に繋がる部分もありながら、異文化・異世界でもある古代の魅力や、古代史を研究することの意義を学んでもらいたいと考えています。
 卒業論文は、古代史に関わるものであれば、自分の研究したいテーマを自由に選ぶことができます。3年生は、論文執筆の基礎として、春学期に史料・参考文献の探し方や史料の扱い方を学び、秋学期には卒業論文構想を報告します。また4年生の研究報告とディスカッションを通じて、研究で必要な多角的な視点を磨いていきます。4年生は、年2~3回の卒業論文中間報告を行い、卒業論文の完成に向けて取り組みます。
 夏期休暇中のゼミ合宿では、史跡・寺院・神社・博物館の巡見を行う予定です。また年に数回、史跡見学のフィールドワークや博物館見学会も実施します。これらの機会を活用して、ゼミ生には、歴史を考えるうえでの幅広い視野を養ってもらいたいと思っています。古代史に関心がある学生、またこれから古代史を学んでみたいという学生も歓迎します。
活動頻度 本ゼミ:週1コマ(対面) / サブゼミ:未定
人数 4年生:5人 / 3年生:9人 
活動内容 【本ゼミ】
 3・4年生の研究報告を中心に、基礎的なことについての講義も随時行います。

*2020年度の授業風景
【ゼミ合宿】
 合宿地は、古代史に関わる場所を、ゼミで話し合って決めます。巡見が中心です。ゼミ合宿のための資料作成もします。
*興福寺中金堂の巡見風景
【博物館見学】
 古代史に関連する博物館・資料館の企画展の開催時に随時実施します。
【史跡見学】
 大学周辺や古代史跡のフィールドワークを随時実施します。
*東山道武蔵路+武蔵国分寺巡見風景
参考文献 〔概説書〕
●網野善彦他編『日本の歴史』00~08、講談社、2000~2001年
●大津透他編『岩波講座日本歴史』第1~5巻、原始・古代1~古代5、岩波書店、2014~2015年
●佐藤信編『古代史講義-邪馬台国から平安時代まで―』ちくま新書、2018年
*古代史関係の概説書は多数ありますので、随時ご紹介します。
〔その他〕
●岡田精司『神社の古代史』ちくま学芸文庫、2019年
●菊地大樹『日本人と山の宗教』講談社現代新書、2020年
●関和彦『古代農民忍羽を訪ねて』中公新書、1998年
●奈良文化財研究所編『奈良の寺―世界遺産を歩く―』岩波新書、2003年
●三宅和朗『時間の古代史』吉川弘文館、2010年
●森本公誠『東大寺のなりたち』岩波新書、2018年
●義江明子『つくられた卑弥呼-〈女〉の創出と国家-』ちくま新書、2005年
●吉田一彦・勝浦令子・西口順子『日本史の中の女性と仏教』法蔵館、1999年
  • 卒業論文

2020年度
古代日本における男女それぞれのジェンダー観
日本古代における歌垣と人妻の性関係
律令成立期以降における医師についての検討
古代日本における水害対策の変遷 ―山川藪沢や国司・郡司との関係性を中心に―
『日本霊異記』の編纂と中国仏典説話の関係
古代日本における馬・牛の表象

ナビゲーション

バナースペース

連絡先

慶應義塾大学文学部
       史学系日本史学専攻
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45

Mail:
「教員・研究紹介」より
  各教員の「研究者情報DB」参照
FAX:
+81-3-5427-1578


※)4月・10月に定期更新します。
最終更新日: 2021年11月11日